シンプルライフ お正月アイテム「萬古焼の鏡餅」


お正月飾りといえば、門松・しめ縄・羽子板・鏡餅・破魔矢などがあります。

中でも今は、しめ縄や鏡餅を飾るお宅が多いのではないでしょうか。

我が家は毎年クリスマスが終わる頃に、インテリア小物をお正月アイテムに取り換えをします。



そんな私のお気に入りお正月アイテム

我が家の「鏡餅」は、四日市市の萬古焼のもの。

萬古焼は土鍋や急須が有名で、特に国内の土鍋の約90%はこの萬古焼です。

真っ白でサラッとした触り心地が、シンプルな中にも温かみがあってお気に入りの理由です。




中は空洞で、本物のお餅やお米などを入れて飾ると良いそうなのですが、

特にその必要性もないので毎年このまま重ねて使っています。



お正月アイテムはキッチンシンクの上にある吊戸棚の一番上に全て収納しています。


右側:黒い箱3点は漆器(重箱・椀・皿)

中央:鏡餅(上には祝箸)

左側:白い箱(DEAN&DELUCAの重箱)


お正月と運動会シーズンの年2回しか使わないので、

脚立がないと届かない収納スペースを活用しています。


吊戸棚の中の収納なども見たいとよくリクエストを頂くのですが、

写真がうまく撮れないんですよね。(単焦点なので)

改善できたらまたご紹介させて頂きますね~。




0コメント

  • 1000 / 1000