シンプルライフ 日々の暮らしを丁寧に過ごす人は、○○な人。



「かわいいね」

「きれいだね」

「優しいね」

「気が利くね」


どんな誉め言葉より「上品だね」と言われると、とっても嬉しい!

「上品な人」って最上級の誉め言葉なんじゃないかと思う。





今週読んだこちらの本。

「上品な人、下品な人」


"人の振り見て我が振り直せ"

の例を文字にして表したテキストのようでした。

読んでいて、「あ~いるいるこんな人!」と、顔が浮かんできて、笑

反対に、私は皆に思い浮かべられないといいな~なんて。苦笑


ベストセラーになった「フランス人は10着しか服を持たない」では、

キー・ワードでよく「シック」という言葉が使われていました。

これは英語の chic で、「上品な、粋な」という意味。


作者のジェニファーによれば、シックであるということは

服装だけでなく、その人の在り方や生き方をさす言葉だと書かれていました。







こちらは図書館でたまたま目にしたファミリアの

「上品な上質」

「上品」つながりで借りて読んでみることにしました。


ファミリアといえば、老舗ベビー服メーカーとして特に関西では圧倒的な支持を得ており、

縫い目や糸にこだわった高品質な製品で有名です。





サイズがすぐに変わってしまう子供服に、

ファミリアのお洋服はなかなか手を出しずらい価格帯ではありますが、

・何度洗っても型崩れや色落ちがない

・定番のデザインが多く、普段着もきちんとして見える

・世代を越えて受け継ぐことができる

など、安価なお洋服を買ってすぐにダメにしてしまうより十分な価値があります。



シンプルライフと上品とは切り離せない、同じところにあるものなのだと私は思います。

単なる、

所作が美しいとか身だしなみが整っているということだけではなく、

自分の暮らしに満足していて、情熱をもって生きること、すべてが揃って上品なのだと。




上品な人、下品な人

(PHP文庫)

https://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-64726-5

0コメント

  • 1000 / 1000