溜めない暮らし 試供品は試してこそ!我が家のサンプルの持ち方。



コスメや美容品を購入すると

よく新製品などのサンプルをいただくことがあります。


「試供品」は、気になっていた商品を試すことができたり、

ちょっと数日の旅行に持って行ったりと便利ですね。

だけど、気づけばあっという間に溜っちゃって、小さいながら魔のゾーンです!


今日は、この「試供品」の持ち数の見直しです。





断捨離ニストやミニマリストが流行している今、

「試供品」はもらったらすぐに使う。

「試供品」はなるべくもらわないなどはもはや定番!?


私は文房具店で購入したクリアケースに2種類に分けて保管しています。

・ソープ類(シャンプー、リンス、ボディーソープ)

・ケア類(ローション、ミルク、クリーム)


持ち数は2日分と決めて、新しいものをもらったら、

古いものと入れ替えて古いものから順に使っていく

非常食の備蓄などに用いられる「ローリングストック法」。





通帳サイズのクリアケースに保管しているので、

ジムやプールに行く時にこのまま鞄に入れて持っていけるので便利なのです。


極限まで減らそうとせず、

使えるものは上手く使って、

自分らしいスタイルで暮らせるのがいいですね。






大阪の梅田駅周辺を100mほど歩いただけでティッシュやカイロなど

あっという間に両手いっぱいになるほどタダで物が貰える時代。

お子様ランチを頼むと必然的に欲しくもないおもちゃが必ずついてきます。


物で溢れる日本、今の時代を生きる子供たちは

「どれを手元に残すか」という選択を強いられる時代なんだとか。


「試供品」も本来その場で効果を試してみるためのもの、

いつ貰ったものか分からないような「試供品」は残念ですが処分しましょう。

試してみたいなと思うものだけ、頂いて、使い切る。


小さなところですが、上手く管理ができると一つすっきりしますよ~。





0コメント

  • 1000 / 1000